システム開発、Web開発のアクスプライム

機能紹介:匠の弟子S(工程管理)

※ 下記は標準パッケージの基本的な一部の機能です。
  導入先の業務に合わせてカスタマイズするので、ユーザー企業ごとに独自の機能が実装できます。

物件操作

  • 顧客管理と連動・非連動の選択
    顧客管理システムと連動するか、独立するかの選択。
  • 新規物件登録
    工程管理の対象となる物件を登録。顧客管理システムとの連動時は、顧客管理システム内の物件が選択可能。
  • 物件情報編集
    登録されている物件情報を編集。
  • 工程複写
    物件から別の物件へ工程表を複写。

表示調整(PC単位)

  • チャート開始日移
    チャートの開始日を移動。
    (1日単位,1ヶ月単位)
  • 表示期間設定
    チャートの表示期間を設定。
  • レーン高さ設定
    チャートのレーン高さを設定。
  • 日付列幅設定
    チャートの日付列幅を設定。
  • 集約表示切替
    集約表示への切替。
  • 進捗率列表示切替
    進捗率列の表示を切替。

チャート操作

  • 範囲選択
    範囲選択
  • タスクバー作成
    チャートにタスクバーを追加。
  • フィルター
    表示対象物件の絞り込み条件指定。
  • 印刷
    印刷(画面イメージ)
    チャート全体がA4用紙1枚に収まるように自動調整。

メンテナンス(システム単位)

  • アプリケーション設定
    各種表示色やタイトルなどの設定。
  • 休日設定
    ユーザ独自の休日を設定。
  • スタッフ情報
    営業担当や施工担当など、社内スタッフを登録。操作権限の設定も行います。
  • コード編集
    当システム内で使用する各種コード類を登録。顧客管理システムと共通データ。
  • ユーザー情報
    当システム導入先の会社情報を登録。出荷時に設定済み。
  • アップデート
    当顧客管理プログラムを最新版にアップデートします。